メリルのMoE記

アクセスカウンタ

zoom RSS 血のバレンタイン事件 中篇

<<   作成日時 : 2005/02/15 19:34   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

〜あらすじ〜
戦いに明け暮れるやつらに愛を!
そう言ってオリアクス率いるAOL団は乗り込んだ10年後の世界で
ビスク、エルガディン相手に抗争を始める事に、。
巻き込まれた(騙された)AOL団の面々は次々に打ち倒されてしまう。
涙を流し元の時代へと引き返す者が続出する中、一矢報いようと城下町ビスクへ
潜入する者達も。
はたしてこの本末転倒の事態に収拾はつくのか?




そんなわけでAOL団は度重なる潜入失敗に意気消沈。
居合わせたビスク兵と討論を開始します。

話を聞いてわかったことは一つ。
この争いは無益だということです。
だいだい愛を伝えるといってやってきたのになんで戦わなきゃいけないのでしょうか。
まったく本末転倒な話です。


あれこれと話すうちに話が堂々巡りと化した頃、メリルは移動を開始しました。
元の時代に帰ろうというのではありません。
まだわたしの心は折れていない!
そんなわけでたった一人でのスニーキングミッションです。






まずは支給品の黒服だと目立つので以前から目にしていた虎を狩り、その皮や肉などを売って
資金を調達。
普通の白い服を買い込みました。
さっそくレスクールヒルズの崖の下からビスク港へと通じる洞窟へ。
そこから海蛇の隠れ家を抜けて西地区へと迂回しながら中央へと向かいます。
すでに長時間の争いとなり、なおかつ2時間ほど目立った動きがなかったからか
ビスク兵がどこにも見当たらなくなっていました。




そしてスキをついて中央へと潜入。脱兎の如く物を持って逃げました。
オリアクスさんが用意していたというプレゼント、ラブメッセンジャーという名のイヤリングです。




でもこれこの時代から元の時代へ持ち出すことができないんですよねぇ。
この時代に再び訪れることはそうないと思うので置いていかなければなりません。
少々名残惜しいですが。




さて、この不毛の抗争にいったいどんな決着が待っているのか。
しっかりと見届けたいと思います。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
血のバレンタイン事件 中篇 メリルのMoE記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる